Make your own free website on Tripod.com

 

 

神仙・仙界

羽衣 ある日、田の中に六、七人の美女がいた……。 六朝『玄中記』
左慈仙人 左慈は盆に水を張ると釣糸を垂れた……。 六朝『捜神記』
孤石廟 廟の中から二人の少女が現れて、鞋を二足買ってきてくれと言った……。 六朝『捜神記』
青い鳥 山の奥深くへ分け入ったところ、山羊の群れを見つけて……。 六朝『捜神後記』
李八百 齢八百歳といわれる仙人、ある人物を試そうと……。 六朝『神仙伝』
夫婦成仙 道術の心得のある夫婦。趣味はお互いの術比べ……。 六朝『神仙伝』
山中の美女 山中で迷った二人は美女からこの世ならぬ歓待を受け……。 六朝『幽明録』
長江の女

長江の岸辺に仕掛けた網に一人の女がかかっていた……。

六朝『祖台之志怪』
黄鶴楼

黄鶴楼から西南の方角を眺めていると……。

六朝『任ム述異記』
樗蒲 二人の老人が樗蒲していたので、鞭を地面について見物した……。 六朝『異苑』
紫姑神さま 紫姑神さま、それはコックリさんのようなもので……。 六朝『異苑』
観亭の神 霊験あらたかと言われる廟。不謹慎な者を虎に変えてしまうと言われ……。 六朝『異苑』
奇妙な船賃 赤い牛を牽いた農夫が漁師に向こう岸へ渡してくれと頼み……。 六朝『湘中記』
紅い酒

友人に実家へ手紙を届けることを頼まれて……。

六朝『洛陽伽藍記』
紫雲観の女道士 大風に見舞われたある日、一人の女道士が飛ばされてきた……。 唐『紀聞』
海賊 掠奪に向う途中で大波に遭い、沖合い数千里へと流され……。 唐『広異記』
学問続けて五百年 畑を荒らす豚を追いかけるうちによその村に迷い込み……。 唐『広異記』
何二娘 「気晴らしにどこかへ行きたいわ」そう言って娘は姿を消した……。 唐『広異記』
井戸掘り一千尺 井戸掘り人夫の耳に地中から鶏や犬、スズメの鳴き声が聞こえ……。 唐『博異志』
瀚海の神 その古い塚では夕暮れになると鬼兵が戦闘を繰り広げ……。 唐『瀟湘録』
四人の客 うまい酒を飲ませると評判の酒屋に四人の客が現れた……。 唐『逸史』
嫉妬 その廟は画を奉納すると宿願がかなうといわれていた……。 唐『纂異記』
竹葉の舟 青雲の志を抱いて単身都に上り、十年が過ぎたが……。 唐『纂異記』
月夜の宴 一人で月を眺めていると、何ともいえぬよい香りが漂ってきた……。 唐『続玄怪録』
田螺女房 一人暮らしの男が白い田螺を飼いはじめたところ、いつも夕食の支度が整って……。 唐『原化記』
雲英 (1)〜(3) 玉の臼と杵で百日間薬を搗く、これが老婆の出した条件だった……。 唐『伝奇』
鶴に乗る仙人 空を見上げると、鶴の背に仙人が乗っていた……。 唐『尚書故実』
李白成仙 李白は仙人となって俗世から姿を消したのだという……。 唐『龍城録』
陳師 面倒見のよいことで知られる旅籠に、いつも泊まるみすぼらしい道士は……。 宋『稽神録』
髢と口笛 海で大風に遭い、何度も船が覆りそうになり……。 宋『稽神録』
海人 魚の網を打ったところ、かかったのは……。 宋『稽神録』
草履大王 街道沿いの古木。ここで憩う旅人が占いを始め、ついには……。 宋『蘆浦筆記』
許偏頭 いつも頭をかしげている絵師。こうなったのには不思議な経緯が……。 宋『括異志』
「鼻が曲がっていて小さいのが難じゃのう」夢に現れた神人はそう言って……。 宋『括異志』
衡州の老人 三十年あまり生姜を担いで売って回っている老人は少しも年を取らず……。 宋『投轄録』
玉真娘子 ある日、燕のようなものが簾のすき間から飛び込んできた。見てみれば……。 宋『[目癸]車志』
剣仙 絶世の美女にいきなり、「あなたのお嫁さんになりに参りました」と言われ……。 宋『玉照新志』
海神

山東の沖合いで足止めを食った軍船は不思議な光景を目にした……。

宋『癸辛雑識』
神船 北京から南へ帰る船を探す男の前に巨大な船が現れ……。 明『庚巳編』
壁画の美少女 壁画の中で一人のお下げ髪の少女が花を手にして微笑んでいた……。 清『聊斎志異』
張谷山 張谷山はいつも子供とばかり遊んでいたが……。 清『池北偶談』
鬼球 二人の者に階の下へ抱え下ろされて目が覚めた……。 清『子不語』
睡姫 (1)〜(3) 妾となった美姫には欠点が一つあった。それはよく眠ることで……。 清『蛍窗異草』
 

戻る