Make your own free website on Tripod.com

 

 

幻 術

奇術 天竺からやって来た胡人の見せる不思議な術とは……。 六朝『捜神記』
玻瑠の瓶 男が見せたのは何でも吸い込む玻瑠(ガラス)の瓶……。 唐『河東記』
三娘子 (1)〜(3) 美人女将が営む旅籠。夜中に女将の部屋から何やら不思議な物音が……。 唐『河東記』
幻術師 幻術師は子供の首を切り落として、「金をくれれば生き返らせてみせよう」 ……。 五代『中朝故事』
旅の軽業師は直立した綱をよじ登って姿を消したが……。 宋『黙記』

絶 芸

画馬 一人の男が馬を牽いて馬医に治療を求めた……。 唐『酉陽雑俎』
木鳶 名匠魯般が作った木製の鳶。自在に空を飛ぶことができ……。 唐『酉陽雑俎』
超絶技巧 倭国出身の男の手が作り出す不思議なからくりの数々……。 唐『杜陽雑編』
日本国の王子 日本国から囲碁に優れた王子が来朝し、唐の名人と対決することに……。 唐『杜陽雑編』
呉道子、驢馬を描く 壁に驢馬の画を書き残した晩、とんでもないことが……。 唐『盧氏雑説』
熟練 自慢の射術の練習をしていると、油売りの老人がじっと見つめて……。 宋『帰田録』
禽戯 親亀の上に小亀が乗って……動物の本能を利用した驚くべき技芸。 元『南村輟耕録』
母を慕いて 数十年前に亡くなった人の肖像画を描くことができるといい……。 清『池北偶談』
 

戻る