Make your own free website on Tripod.com

 

 

鬼 怪

幽鬼を売り
   飛ばした男
夜道で出会ったのは何と幽鬼。自分も幽鬼だとウソをつき…。

魏『列異傳』

灯り 「どうか三年の間、私を灯りで照らさないでください」妻はそう懇願した…。 六朝『捜神記』
無鬼論 幽鬼の存在を頑強に否定する男。ある日、不思議な客人の訪問を受け…。 六朝『捜神記』
雷車 外で子供の呼ぶ声がした。「阿香、いる?」…。 六朝『捜神後記』
八毒丸 八毒丸、それはどんな病でも治す薬。たとえば…。 六朝『捜神後記』
盗み食い
   する幽鬼
幽鬼の盗み食いに悩まされて講じた方法は…。

六朝『捜神後記』

新死鬼 なりたての時には苦労する。たとえ幽鬼でも…。 六朝『幽明録』
特殊能力

特殊な能力に恵まれた男。それは幽鬼と対話できるというものだった…。

六朝
 『雜鬼神志怪』
泣き明かした子供 一夜の宿を借りた家には父親といつまでも泣き続ける子供がいた…。 六朝『録異傳』
指輪 別れに臨んで女は指輪を帯に結び付けて送り出してくれた…。 六朝『異苑』
美しい幽鬼と十年後の再開を約した男は…。 唐『酉陽雜俎』
詩人の魂 巴峡に響く哀切な吟唱の声…。 唐『紀聞』
手紙 女連れの旅は困難、と妻を置いて一人旅立った男に妻から手紙が…。 唐『瀟湘録』
父と子 訪れた打物屋で仕事一筋だった亡き父の副葬品の剣を見つけた息子は…。 唐『廣異記』
靴下 せっせと靴下を縫う女。聞けば夫が迎えに来るので、その準備だという…。 唐『續玄怪録』
五原の夜 (1)〜(3) 五原を行く旅人の体験する不思議な一夜。 唐『傳奇』
飢饉に見舞われた地で一夜の宿を乞うた男。宿の礼に餅を残したが…。 宋『稽神録』
鷹狩で兎を狩り出したが、鷹の爪には何もかかっていない…。 宋『稽神録』
河の幽鬼 河のほとりにはよく幽鬼が出て、道行く人に声をかけるという…。 宋『北夢瑣言』
疑心暗鬼

気が弱いのに豪胆ぶる男が、刑場で呼び止められて…。

元『湖海新聞夷堅續志』
幽鬼の腰痛

鍼灸を得意とする男のもとをある晩、訪ねてきたのは何と幽鬼。

元『湖海新聞夷堅續志』
ある御史、向かい側の楼閣からこちらを見下ろす一人の少女と目が合い…。 明『説圃識餘』
騙る幽鬼 馬で老人をはねてしまった男。逃げ帰ったのだが、その晩…。 清『子不語』
逢瀬 木々の間をフワフワと何やら飛んでいる。それは人影であった…。 清『子不語』
恐怖体験 盗賊を煙管一本でなぎ倒す老人。しかし、夜を恐がり…。 清『閲微草堂筆記』
冷気

幽鬼が出るという噂のある書庫で夜を明かす男を、冷気が襲ってきた…。

清『閲微草堂筆記』
恐いもの知らず

真夜中近くになって突然、物音がして天井が裂けたかと思うと…。

清『閲微草堂筆記』
のぞき のぞきが趣味の少年。ある日、キョンシーを目撃し…。 清『夜譚随録』
小路の女 酒を飲んだ帰り道、前方に浮かぶ紅い物が見えた…。 清『夜譚随録』

魂魄・再生

紫玉 最愛の人の墓前で泣く男の前に、亡き人が姿を現し…。 六朝『捜神記』
帰ってきた夫 突然、戻ってきた夫。妻の傍らに坐って悲しげにため息をつくのであった…。 六朝『捜神後記』
いつの世も母の情愛は海より深い…。 六朝『幽明録』
恋しくて 評判の美男子に恋した娘。しかし、男には嫉妬深い妻がいて…。 六朝『幽明録』
足を取り替える話 手違いで死んだ男。生き返ることになったのだが、足が痛くて痛くて…。 六朝『幽明録』
前世 「ここだ、ここだ」視察に出かけた魏州刺史が突然こう言い出した…。 唐『冥雜録』
「昔のことを話したい」と初対面の美しい娘に言われ…。 唐『廣異記』
離魂 (1)〜(2) 幼なじみで慕い合う二人。しかし、娘の父は別の男を婿に選び…。 唐『離魂記』
占い 「私の寿命を占っていただきたい」 男の依頼はありふれていたが…。 唐『廣異記』
  (1)〜(3) 「澄み切った水に体を浸したら気持ちがいいだろうな」そう思った男は…。 唐『續玄怪録』
娘の魂 懐妊中に強い薬を処方された夫人は不思議な夢を見た…。 宋『邵氏聞見録』
花月の神 美貌で知られた夫人の臨終に際してにおびただしい数の蝶が現れ…。 宋『春渚紀聞』
蒋煥 妻を亡くした男が実家に戻るべく舟に乗り込むと、そこには…。 明『庚巳編』
目を借りる話

流刑に処せられた妻の夢に、亡き夫が現れ…。

明『帝京景物略』
愛卿伝 (1)〜(3) 都へ上った夫の留守を守る妻を見舞う戦乱の悲劇。 明『剪燈新話』
緑衣の人 (1)〜(2) 「前世の因縁なのですから」そう、女は言った…。 明『剪燈新話』
「お耳がかゆいみたいですわね」 昼寝をしていると亡くなった妻が現れ…。 明『原李耳載』
まぶたの妻

今わの際に娘は言った。「きっとあなたにご恩返しをいたしましょう…」。

清『閲微草堂筆記』

報 応

火車 美食を追及した男が重い病に臥せった。ある夜、不思議な行列が現れ…。 唐『靈怪集』

罰を受けた美男子
     (1)〜(2)

金こそないが、その男には人並み優れた美貌があった…。

宋『青瑣高議』

冥土の飛脚 「絶対に再婚しないでおくれ」いまわの際に夫は懇願した…。 宋『夷堅志』
  (1)〜(2) 「この泡が証拠だ!」男はそう言って水中に没した…。 宋『鷄肋編』
残虐 苛烈な拷問で知られる県令が泊まった旅館には開かずの間が…。 清『子不語』
秘密

あいついで亡くなった主人とその妻妾。この三人の関係には秘密が…。

清『閲微草堂筆記』