Make your own free website on Tripod.com

 

 

妖 異

旅籠の怪 汝陽の旅籠には恐ろしい魔物が出るという噂が…。 漢『風俗通義』
琵琶なら私も 柔和だった少年の顔が悪鬼のようになり、眼をぎらつかせ舌を吐いた…。 六朝『捜神記』
化け物屋敷 住めば必ず死ぬといわれる屋敷。迷信を信じない現実主義者が住んでみると…。 六朝『捜神後記』
夫の留守を守る若妻の前に現れた美丈夫は…。 六朝『捜神後記』
夢に現れた男のとんでもない申し出に…。 六朝『幽明録』
古井戸の怪 溺死者の多発する古井戸の底に現れたものは…。 唐『博異志』
入れ子 男達は背の順と太さの順の二組に分かれて並んだ。そして…。 唐『玄怪録』
白い手 顔は見えなかったが、雪のように白い手が美しく…。 唐『廣異記』
人形 夫人が人形を指さしてふざけた。「あなたのお妾さんになさったら」…。 唐『廣異記』
王生 突然、長椅子の前から巨大な手がにゅっと伸びてきて…。  唐『酉陽雜俎』
嫁とり 「母ちゃん、おいら食われちまうよ…」息子の声に目覚めると…。  唐『酉陽雜俎』
麹秀才 色白の太った男は麹(きく)秀才と名乗った…。 唐『開天傳信記』
酒甕 その男は大量の酒を飲んでも酔わなかった…。 唐『瀟湘録』
網にかかっていた物 仕掛けた網を引き上げてみると、かかっていたのは…。 宋『稽神録』
長い長い道 男達はワッと喚声を上げて立ち上がり…。 清『聊斎志異』
震える手 老人に手の震える理由をきいてみたところ…。 清『子不語』
羅刹鳥 サッと生臭い風が吹き付け、花嫁の籠を数回取り巻いた…。 清『子不語』
西園の女 静かな精舎で寝ていると、窓外からまろやかな歌声が聞こえてきて…。 清『子不語』
海和尚と山和尚 浜辺で網を打った。頃合を見て曳いてみると、すこぶる重い…。 清『子不語』
鏡中の妖姫 鏡を手にとって覗いてみると、そこには別人の顔が…。 清『螢窗異草』
のっぺらぼう 宿直の兵士、小用を足しに出ると月明りの下に女がうずくまっていて…。 清『夜譚随録』

狐 怪

伯裘 酒泉郡では新任の太守が不審な死を遂げる事件が続発した…。 六朝『捜神後記』
狐の名簿 「やれやれ、今年はダメだなあ」とぼやく声が聞こえた…。 六朝『捜神後記』
きつね、狐 狐に遭ったと騒ぐ下僕の話をよく聞いてみると…。 唐『紀聞』
任氏  (1)〜(2) 美女と歓楽の一夜を過ごした男。翌朝、女の邸を訪ねてみると…。 唐『任氏傳』
蓮花  (1)〜(3) 男女の密会現場を押さえたのだが、女は滅法色っぽくて…。 清『聊斎志異』
笑い上戸 (1)〜(3) 「人のことをじろじろ見るなんて変な人」笑う娘に男は心を奪われ…。 清『聊斎志異』
愛の妙薬 (1)〜(2) 美人の細君を持ちながら妾を囲う夫。妻が隣家の奥方に愚痴ると…。 清『聊斎志異』

畜 獣

盤瓠 老女の耳の奥で何やらカサコソと動いている。それは一匹の虫であった…。 六朝『捜神記』
壁の穴からチョロチョロと鼠が這い出してきて…。 六朝『幽明録』


神木の上に身重の猿を見つけた男は面白半分に追いかけて…。

六朝
『祖冲之述異記』
虎の尾 虎が里の娘をさらって妻にした。妻の方では夫が虎だとは知らず…。 唐『廣異記』
ある夜、女傑で知られた老母の部屋から妙な音が聞こえ…。 唐『宣室志』
可愛がっていた猫が死に、用水路に捨てることにしたが…。 宋『稽神録』
白老 眠れぬまま寝室を出ると、階の下で白衣の男女が車座になっており…。 宋『稽神録』
屠殺 驢馬の解体を請け負う老人の夢に、衛氏と名乗る美女が現れ…。 清『螢窗異草』
妖猫 侍女の代わりに返事をしたのは何と猫…。 清『夜譚随録』

嫁入り 夜になり、花嫁は不安にかられ、乳母にすがり付いて泣き出し…。 六朝『捜神後記』
青蝗 中書侍郎の宿直室から夜な夜な聞こえてくる女の声…。 六朝『續異記』
頭痛 昼寝をしていると目の前に蛇の姿が。蛇はそのまま…。 唐『廣古今五行記』
書生と蛇 ある書生が小蛇を拾った。蛇はずんずん成長し…。 唐『廣異記』
奉誠園の女 麗しい車の後ろには、二人の白衣の美女が白馬に跨ってつき従い…。 唐『博異志』
南柯の夢 (1)〜(5) 酒に酔って横になった途端、猛烈な眠気に襲われ……。     
唐『南柯太守傳』
紅蜘蛛
    
悲鳴を上げた姉娘の腕には毒々しい紅蜘蛛がとまっていた…。
    
元『湖海新聞夷堅續志』
樹木・花卉
玉の指輪 不思議な娘に出会った書生。その指に白玉の指輪をはめてやり…。 唐『集異記』
大蛇の葉 南方で見つけた不思議な葉。それは強烈な消化剤で…。 唐『聞奇録』
木霊 芳香を放つ木の根を仏堂に供えたところ…。 唐『酉陽雜俎』
芭蕉 風呂上りに涼んでいると緑衣の女が現れた…。 明『庚巳編』
花妖 (1)〜(3) 愛妻と良友。美しい花の精と出会った男はそう言っていた…。 清『聊斎志異』
花魄 ある朝、散歩に出ると小さな美人が枝に腰掛けていた…。 清『子不語』