Make your own free website on Tripod.com

 

 

狐 怪

伯裘 酒泉郡では新任の太守が不審な死を遂げる事件が続発した……。 六朝『捜神後記』
狐の名簿 「やれやれ、今年はダメだなあ」とぼやく声が聞こえた……。 六朝『捜神後記』
小麦粉 美しい妻を連れた男、「この地の神は美女と見ればさらっていく」と言われ……。 唐『広異記』
きつね、狐 狐に遭ったと騒ぐ下僕の話をよく聞いてみると……。 唐『紀聞』
任氏  (1)〜(2) 美女と歓楽の一夜を過ごした男。翌朝、女の邸を訪ねてみると……。 唐『任氏伝』
蓮花  (1)〜(3) 男女の密会現場を押さえたのだが、女は滅法色っぽくて……。 清『聊斎志異』
笑い上戸 (1)〜(3) 「人のことをじろじろ見るなんて変な人」笑う娘に男は心を奪われ……。 清『聊斎志異』
愛の妙薬 (1)〜(2) 美人の細君を持ちながら妾を囲う夫。妻が隣家の奥方に愚痴ると……。 清『聊斎志異』
飲み友達 無類の酒好きがある晩、月に向かって手酌で飲む老人と出会い……。 清『柳崖外編』

畜 獣

怪異 突然、犬が二本足で立って歩いた。「殺してしまえ」と家人が主張すると……。 漢『風俗通義』
盤瓠 老女の耳の奥で何やらカサコソと動いている。それは一匹の虫であった……。 六朝『捜神記』
壁の穴からチョロチョロと鼠が這い出してきて……。 六朝『幽明録』


神木の上に身重の猿を見つけた男は面白半分に追いかけて……。

六朝
『祖冲之述異記』
狸の腹を裂くと、中から狸がもう一匹現れた。その狸の腹を裂くと……。 六朝『異苑』
虎の尾 虎が里の娘をさらって妻にした。妻の方では夫が虎だとは知らず……。 唐『広異記』
ある夜、女傑で知られた老母の部屋から妙な音が聞こえ……。 唐『宣室志』
虎おばさん 「よいことだけをするんだよ」老女はいつもこう言い聞かせた……。 五代『録異記』
可愛がっていた猫が死に、用水路に捨てることにしたが……。 宋『稽神録』
白老 眠れぬまま寝室を出ると、階の下で白衣の男女が車座になっており……。 宋『稽神録』
どういたしまして 怪異の続出する家。巫女を呼んでお祓いをしてもらおうと……。 宋『墨客揮犀』
虎のお産

名産婆として知られた老婆を夜遅く轎が迎えに来て……。

元『湖海新聞夷堅続志』
屠殺 驢馬の解体を請け負う老人の夢に、衛氏と名乗る美女が現れ……。 清『蛍窗異草』
妖猫 侍女の代わりに返事をしたのは何と猫……。 清『夜譚随録』
狂犬 とりわけ暑い夏、突然、犬達が暴れ出し……。 清『夜譚随録』
踊る猫 月明かりの下に猫が二本足で立っていた……。 清『夜譚随録』
猫の言い分 夜、某公がていると、窓の外からボソボソと話す声が聞こえてきて……。 清『耳食録』
猫はものを言う 人間の言葉を話すことができる猫に真偽を問いただしてみると……。 清『履園叢話』
 

戻る