Make your own free website on Tripod.com

 

 

嫁入り 夜になり、花嫁は不安にかられ、乳母にすがり付いて泣き出し……。 六朝『捜神後記』
青蝗 中書侍郎の宿直室から夜な夜な聞こえてくる女の声……。 六朝『続異記』
頭痛 昼寝をしていると目の前に蛇の姿が。蛇はそのまま……。 唐『広古今五行記』
書生と蛇 ある書生が小蛇を拾った。蛇はずんずん成長し……。 唐『広異記』
白い蜘蛛 白い蜘蛛が柱をつたって下りてきた……。     
唐『宣室志』
南柯の夢 (1)〜(5) 酒に酔って横になった途端、猛烈な眠気に襲われ……。     
唐『南柯太守伝』
紅蜘蛛
    
悲鳴を上げた姉娘の腕には毒々しい紅蜘蛛がとまっていた……。
    
元『湖海新聞夷堅続志』

    
身の丈三、四寸ほどの鎧武者が呼ばわった。「我が君が端渓での観魚をご所望であらせられるぞ」……。      元『北軒筆記』

異 類
梵音 暑気あたりで気を失って倒れた男生。その前に目つきの悪い僧侶が現れ……。 唐『宣室志』
樹木・花卉
玉の指輪 不思議な娘に出会った書生。その指に白玉の指輪をはめてやり……。 唐『集異記』
大蛇の葉 南方で見つけた不思議な葉。それは強烈な消化剤で……。 唐『聞奇録』
木霊 芳香を放つ木の根を仏堂に供えたところ……。 唐『酉陽雑俎』
瓜の嫌うもの。それは……。 唐『酉陽雑俎』
梅下に憩う 寒さ厳しい夕暮れ、松林の中にある酒屋の小屋に止めたところ……。 唐『龍城録』
芭蕉 風呂上りに涼んでいると緑衣の女が現れた……。 明『庚巳編』
花妖 (1)〜(3) 愛妻と良友。美しい花の精と出会った男はそう言っていた……。 清『聊斎志異』
桃妖 娘は桃の古木にいつも肌着をかけて干していたが……。 清『履園叢話』
 

戻る