Make your own free website on Tripod.com

 

 

境 異

暴風に吹き流されて漂う船。ようやく島を見つけて上陸してみれば…。 漢『西京雜記』
飛ぶ首 南方には頭が胴から離れて飛ぶ民族がいる。その名も「落頭民」。 六朝『捜神記』
南海漂流 時化に遭って漂流する船が見聞する不思議な事ども…。 唐『嶺表録異』
南海の怪異 南海に乗り出した男達の目撃する怪異の数々。 唐『廣異記』
討伐始末 玄宗皇帝が言った。「近頃、西方から五色の玉を献上してこぬぞ」…。 唐『酉陽雜俎』
解形民 南方には「落頭民」よりもっとすごい民族がいた…。 唐『酉陽雜俎』
金の鞋 父の死後、継母にいじめられる娘。話し相手は小さな赤い魚だった…。 唐『酉陽雜俎』
鬼国 出会う人に挨拶をしても、まるでこちらの姿が見えていないようで…。 宋『稽神録』
幽霊船 「ここは最も危険な海域だ」外海に流された商船の体験する恐怖。 宋『夷堅志』
長寿村 嶺南の長寿な土地。八十歳、九十歳でも当たり前…。 宋『鐵圍山叢談』
海島の馬人 外海には奇異に満ちた生き物が棲む…。 明『庚巳編』
変鬼 貴州には変化の術を操る能力者がいるという。。 明『庚巳編』
山水・奇石
歌う女 ふと見ると女が一人、石に腰掛け歌っていた…。 魏『列異傳』
戻ってくると娘のいたところには泉ができていた…。 六朝『捜神後記』
石仏の怪 「出ようか、出るまいか…」山中から聞こえる不思議な声に…。 明『原李耳載』
山中の蜃気楼 山東省の煥山はしばしば蜃気楼が目撃されることで有名であった…。 清『夜航船』

奇宝・物異

返生香 月氏国の献上した返生香。これには不思議な効能が…。 漢『海内十洲記』
咸陽宮の秘宝 漢の高祖劉邦が咸陽宮で見つけた始皇帝の秘宝…。 漢『西京雜記』
報仇剣 (1)〜(3) 刀鍛冶は大王のために類まれな名剣を鍛えたが…。 六朝『捜神記』
曹操の船

河口に沈む大船。土地の長老によれば、これは曹操の船なのだという…。

唐『廣古今五行記』
消麺虫 食えば食うほど痩せていく麺好きの男。ある日、一群の胡人の訪問を受け…。 唐『宣室志』
扶風の石 扶風にやって来た波斯(ペルシア)の胡人が目をつけたものは…。 唐『廣異記』
屏風 屏風の前で眠っていると女たちの笑いさざめく声が聞こえ…。 唐『酉陽雜俎』
真真 「真真…」画中の美女に恋した男。思いのたけを込めて呼びかけた…。 唐『聞奇録』
座像 廬山の落星潭で釣り人が釣り上げたものは何と一体の座像だった。 五代『玉堂閑話』
白石 谷川での中を転がり回る石を持ち帰った晩、夢を見た…。 宋『稽神録』
玉の髑髏 村の富豪の持参した玉の髑髏を見るなり太守は唸った…。 宋『黙記』
海井

小さな雑貨屋に並んだ不思議な品。見た目は小さな桶のようだが…。

宋『癸辛雜識續集』
回々 朝貢で中国を訪れた回々が「泉を買いたい」と言い出して…。 明『治世餘聞』
波斯人 古い墓を買い取りたいという波斯(ペルシャ)人…。 清『聊斎志異』
酒・珍味
不死の酒 洞庭湖の君山に秘められた美酒、これを飲めば不死になれるという…。 晋『博物志』
千日酒 「千日酒」それは名のごとく人を千日酔わせることができる酒…。 六朝『捜神記』
饗宴 豪勢さを競う酒宴。そこで供された料理は…。 唐『朝野僉載』
酒虫 大酒飲みの男。ある日、喇嘛僧に奇病がついていると言われ…。 清『聊斎志異』
美食
  
美食家の好物は驢馬肉の千切り炒め。ただの炒め物ではなかった…。
  
清『清朝野史大観』