Make your own free website on Tripod.com

 

 

情愛・奇縁
逃げ出した花婿 巫女に娘の結婚の吉凶を占わせると、「お婿さんはこの人ではない」と言われ……。 唐『続玄怪録』
恩義 流しの歌手から引き上げられた女。恩人の死を知ると……。 唐『楽府雑録』
選婿窓

李林甫が娘達の婿を選んだ方法とは?

五代
『開元天宝遺事』
琵琶姐、琵琶姐! 僻遠の地に左遷された男。供をするのは愛妾一人だけで……。 宋『鶏肋編』
棋局姻縁 (1)〜(2) 碁の腕前を頼りに広い天下を渡ろう、と少年は後にした……。 宋『夷堅志』
天の賜物 奇怪な噂の流れる廟へ肝試しに入った若者……。 金『続夷堅志』
浄身 貴顕になじみの妓女を奪われた商人。妓女に会うためにとった手段は……。 明『説聴』
恋は舟に乗って
    (1)〜(4)
若い男女の行動力は誰にも止められない……。
明『広艶異編』
とりかえばや 新郎が病気と知った花嫁の実家。講じた一策は……。 明『情史』
朱塗りのおまる 床入りした途端、花嫁はおもらしをしてしまった……。 明『情史』
夜航船 夜航船の船倉で男女の間を隔てるのは一枚の板だけ……。 清『続子不語』
幼い恋 十二歳になる息子は十四歳の小間使いを気に入り、ちょっとの間も離れなかった……。 清『耳食録』
塩官の娘船頭
     (1)〜(2)
酒飲みの父親に代わって働く娘のはかない恋……。

清『柳崖外編』

水売り奇縁 友人が買ってくれた妻を連れ帰ってみると、何と白髪頭の老女であった……。 清『香祖筆記』
業病 (1)〜(10) 乞食となって広東をさすらう陳綺に金持ちの婿にという話が……。 清『夜雨秋燈録』
佳 人
麗娟 漢の武帝の後宮の宮女麗娟は玉の肌膚の持ち主で……。 漢『洞冥記』
霍小玉伝 (1)〜(5) 女は男を待ち続けた。しかし、男は不実にも……。 唐『霍小玉伝』
妓女高三 美貌で高潔な妓女。初めて肌身を許した男が処刑されることとなり……。 明『寓圃雑記』
夜だけの美女 「毎晩、床の中で灯りを暗くすると、別嬪に見えるんだ」醜女を娶った夫はそう語った……。 清『耳食録』
 

戻る