Make your own free website on Tripod.com

 

 

鳥獣佳話
忠犬烏龍 妻と下僕に命を狙われた男。頼りになるのは飼い犬だけ……。 六朝『捜神後記』
鸚鵡と天神 よその山で大事にしてもらった鸚鵡。その山が火事になり……。 六朝『異苑』
迦湿彌羅(カシミ−ル)王の買った一羽の鸞はまったく鳴かず……。 六朝『異苑』
精衛

溺死して精衛に生まれ変わった炎帝の娘は木石を運んで……。

六朝『任ム述異記』
白い鸚鵡 玄宗皇帝の宮廷に、一羽の人語を解する鸚鵡がいた……。 唐『譚賓録』
鸚鵡 人語を真似る鸚鵡を可愛がる娘に、ある日、鸚鵡が話しかけた……。 唐『大唐奇事』
烏賊 河伯の従事とも呼ばれる烏賊が誕生したのは……。 唐『酉陽雑俎』
報恩鼠 代々家訓で殺生(せっしょう)を禁じ、猫を飼わない家で鼠が不思議な行動を……。 唐『宣室志』
象の嘆願 せわしげに門を叩く音に、扉越しに様子をうかがうと……。 唐『伝奇』
母羊を殺そうとすると、子羊が跪いて涙を落とした……。 五代『玉堂閑話』
燕佳話 うら若い未亡人とつがいの雄に死なれた雌燕の交流……。 宋『麗情集』
孝犬 飼い主の男の子が亡くなって、犬は……。 金『続夷堅志』
閻氏の犬 兵乱の中、家の土塀の下で命を落とした夫婦。亡骸を埋葬する者もなく……。 金『続夷堅志』
蝿の恩返し

酒屋の樽に落ちる蝿を救っていた杜氏が冤罪で死刑の判決を受け……。

元『湖海新聞夷堅続志』
貞燕烈鴛 貞節を重んじるのは人間だけではない。たとえば燕でも……。 明『双槐歳鈔』
護花鳥 珍しい花が咲き乱れる九華山。その花を守っているのは……。 明『戒庵老人漫筆』
姑蘇の猫 税のかたに連れ去られた猫、主人を恋しがり……。 明『涌幢小品』
真如寺の猫 猫は主人の声を聞き分けるのかもしれない。 明『七修類稿』
犬がじっと本を覗き込み、読む声に耳を傾けているように見えた……。 清『諧鐸』
 

戻る