Make your own free website on Tripod.com

 

 

寓 意
夜ごとの夢 人使いの荒い資産家のもとで働く老僕には大きな楽しみがあった……。 戦国『列子』
髑髏問答 路傍に転がる一体の髑髏を見つけた荘子。髑髏を枕に寝ると……。 戦国『荘子』
庖丁 料理人の見せる絶芸に君主は感嘆し……。 戦国『荘子』
恐がり 昔々、非常に恐がりの男がいた。夜、一人で出かけたところ……。 戦国『荀子』
勇ましい男 勇ましい二人の男、どれくらい勇ましいかというと……。 戦国『呂氏春秋』
人間万事、塞翁が馬 人の世の禍福には定めがないというが……。 漢『淮南子』
ずっと昔に買った甕だけが財産の男がある晩考えた……。 六朝『殷芸小説』
斉女  蝉が別名「斉女」と呼ばれる理由は……。 六朝『古今注』
狂泉 飲めば狂うという泉、国王以外は皆、飲んで……。 六朝『宋書』
白馬胡児を活かす 他郷に住む異邦人はどれだけ自分のルーツを覚えているのか……。 唐『朝野簽載』
三脚猫 俗に事を成すのにまともな方法を取らない者のことを「三脚猫」という……。 明『七修類稿』
雜 記
望郷の公主達 戦乱の中、逃げそびれた公主達はやむをえず……。 六朝『任ム述異記』
桃根の子牛 子牛は主人によくなつき、いつもついて回って離れなかった……。 唐『広古今五行記』
くしゃみ 虎がよく出没する山中で寝入ってしまった男。そこへ虎が現れて……。 唐『朝野僉載』
美談の裏側 この世にはありえないような美談が多いが……。 唐『朝野僉載』
死んだはずでは 旅先で一人の男が死んだ。今わの際に言い残した名前を墓石に記し……。 五代『王氏見聞』
試哭 「ワシが死んだら泣けるか?」隠居が二人の妾にきいた……。 宋『江淮異人録』
目に優しい 五色は視力を損なうが、黒だけは……。 宋『倦游雑録』
男くさい婆さん 少しでも若く見せようと妻や妾に鬚の白い毛を抜かせると……。 宋『遁斎閑覧』
瓶盞病 つける薬のない病気、それが「瓶盞病」……。 宋『清異録』
『三国志』をきく 親でさえ手を焼く腕白小僧のお気に入りは三国時代の物語……。 宋『東坡志林』
あざらし 都に「海哥」と称する不思議な動物が持ち込まれ……。 宋『東坡志林』
紙魚 「神仙」という文字を食べた紙魚(しみ)を飲むと神仙になれるというが……。 宋『北夢瑣言』
都の溝浚え 都では毎年春になると、人夫を出して溝浚えをする……。 宋『東京夢華録』
狗の畏れること 狗が畏れること、それは……。 宋『癸辛雑識』
毒きのこ きのこの毒は恐ろしいもので……。 宋『癸辛雑識』
木に縁って魚を求む 「木に縁って魚を求む」とはありえないことを意味するのだが……。 明『双槐歳鈔』
華山の道士 神仙のごとき容貌の老道士はことのほか国初の事柄に通じていた……。 清『嘯亭雑録』
史記 『史記』ってなあに?進士なんて所詮こんなもの……。 清『香祖筆記』
 

戻る