Make your own free website on Tripod.com

 

白髪


 

 に白い物がめっきり増えたのを気にした老人、妾に白髪を抜かせようとする。妾、白髪があまりにも多くて全部抜くことは無理と見て、黒い方をすっかり抜いてしまった。抜き終わって鏡を見た老人、髭が真っ白になっているので、妾を叱り飛ばした。妾、
「少ない方を抜かずに多い方を抜けだなんて…」

(清『笑林広記』)