Make your own free website on Tripod.com

 

曹操の船


 

 徽の濡須(じゅしゅ)の河口には大船が沈んでいるという。水が引いた時に大船はその姿を現すのだが、土地の長老によれば、これは曹操の船なのだそうである。
 いつも夜になると、漁師達は漁船をこの船に繋いで泊まる。すると、どこからか美しい楽の音が聞こえてくる。時にはえもいわれぬ香気が漂ってくる。芳しい香気に包まれて漁師達が眠りにつくと、不思議な夢を見る。役人の姿をした一人の人物が慌しく駆けつけてこう言うのである。
「お上の妓女に近づくな」

 伝えるところによると、昔、曹操の妓女を乗せた船が、この濡須の河口で転覆したのだという。

(唐『広古今五行記』)