Make your own free website on Tripod.com

 

豆腐


 

 る男、客をまねいて馳走したのだが、豆腐料理しか出さぬ。曰く、
「豆腐は私の命です。こんなに美味しいものはこの世にありませんわい」
 しばらくして、その男が客の家に行くと、非常に歓待してくれた。客はちゃんと男の好みを覚えていて、魚肉を豆腐に混ぜた料理を出した。すると、この男、猛然と魚ばかりより分け、豆腐には目もくれない。客が、
「先だって、豆腐は我が命、などとおっしゃっておられたのに、どうして今日は豆腐を召し上がられませぬ」
 と言うと、男、魚肉をぱくつきながら、
「魚を見たら、命なんぞいらなくなりました」

(明『笑林』)