Make your own free website on Tripod.com

 

おじぎ


 

 る男、お辞儀が早すぎて何かと人に不愉快な思いをさせていたのだが、人からこう助言を受けた。
「おじぎをする時に、口の中で一月、二月、三月、と数えて十二月になったら頭を上げるようにするといい。そうすれば、ちょうどよい頃合になるだろうて」
 ある日、道で友人に会ったので、早速この方法を試してみた。心の中で、一月、二月、三月…と数えていったのだが、意識しすぎたせいか必要以上に時間がかかってしまった。十二月まで数え終えて頭を上げてみれば、友人はとっくに行ってしまった後である。そこで、この男、傍らにいた人に向って、
「彼は何月に行ってしまったのでしょう?」

(明『笑林』)