Make your own free website on Tripod.com

 

くしゃみ


 

 州(注:浙江省)諸曁(しょき)県は虎の多いところである。
 ある晩、一人の酔っ払いが山中を歩いていた。あちらへフラリ、こちらへフラリ、とすこぶる危なっかしい足取りである。しばらくフラフラと歩いていたが、やがてそのままゴロリと横になり、大いびきをかき始めた。男が横になっているのは、片側が切り立った崖になっているすこぶる危険な場所であった。
 そこへ一匹の虎が現れた。虎は男のそばに寄って来ると、その匂いを嗅ぎ始めた。

    フン、フン…。

 虎の鼻面が体中を這い回っていたが、男は一向に気がつかないで泥のように眠っている。虎の鼻面はだんだん男の顔に近づいた。肩から首筋、顎、口元、鼻先…。

    フン、フン…。

   「ふぇ…」
 男の鼻がモゾモゾと動いた。虎の髭が男の鼻を刺激したようである。
   「ふぇ…ふぇ…」
 虎はなおも男の顔を嗅ぎまわる。

  「ふぇックショイ!!」

 男のくしゃみが山中に響き渡った。

  「グゥァオオォォォ…ゥ…」

 それに続いて崖を転がり落ちていく虎の絶叫がこだました。虎は突然のくしゃみに驚いて、崖から足を滑らせたのであった。

(唐『朝野僉載』)