Make your own free website on Tripod.com

 

饅頭


 

 る貧乏な男、ひもじくてたまらない。しかし、食べ物を手に入れる術がない。そこで、饅頭屋の前までやって来ると、いきなり大声を上げてぶっ倒れた。びっくりした饅頭屋のおやじがわけを尋ねると、
「生まれつき饅頭が怖いもので」
 と答える。そこで主人、いたずら心を起こして空き部屋に数十個の饅頭を用意すると、その中にこの男を閉じ込めた。大騒ぎをやらかすのを見て笑いものにしてやろうとの魂胆である。
 ところが、いつまで経っても部屋の中はシーンとしている。気になったおやじが戸を開けてみると、何と饅頭は半分以上なくなっている。男が食ってしまったのである。主人が詰ると男は、
「不思議なことに急に饅頭が怖くなくなり申した」
 とシャアシャアと答える。怒った主人、
「じゃあ、他に怖い物でもあるんか?」
 と言うと、その男曰く、
「今は濃いお茶が二、三杯が怖うございます」

(明『笑府』)