Make your own free website on Tripod.com

 

狐の名簿


 

 郡に顧旃(こせん)という人がいた。狩りに出た時、ある丘を通りかかったところ、突然、人のぼやく声が聞こえてきた。
「やれやれ、今年はダメだなあ」
 顧旃が仲間とともに辺りを探してみると、丘の頂上にたて穴を見つけた。古い塚のあとで、奥には一匹の古狐がうずくまっていた。狐は一冊の帳簿を前に指を折っては何やら計算しているのである。怪しく思った顧旃は犬を放って噛み殺させた。
 狐が睨んでいた帳簿に目を通すと、そこには近隣の女の名前がズラリと書き連ねてあった。その中のいくつかには朱筆でカギ印がつけられていたが、いずれも狐にとり憑かれたという噂のある女ばかりであった。
 帳簿には記された女の名前は数百人にものぼり、その中には顧旃の娘の名前もあった。カギ印はつけられてなかった。

(六朝『捜神後記』)