Make your own free website on Tripod.com

 

貧乏秀才


 

 んだばかりの男が閻魔様の前に引き出された。閻魔様、
「この者は生前、充分すぎる享楽を味わった。今度は秀才に生まれ変わらせ、五人の子持ちとさせようぞ」
 と判決を下す。すると傍らで聞いていた鬼卒、
「この者の罪は重うござります。そのような結構な身分に生まれ変わらせるのはどうかと」
 と口を挟む。閻魔様、にっこり笑って、
「その罪が重いので、貧乏秀才に生まれ変わらせて、たくさんの子供を持たせ、生きながらに地獄を味わせてやろうというのじゃ」

(明『笑府』)