Make your own free website on Tripod.com

 


 

 城県(注:現在の安徽省)の南四十里に蓋山がある。その百歩余りの所にあるのが舒姑泉(じょこせん)である。泉は清冽な水を満々と湛えている。

 昔、舒家に美しい娘がいた。ある日、父と共にこの泉の周りに薪を拾いに来た。父娘は薪を拾い終えると、腰を下ろして休むことにした。娘は泉の傍に坐り込み、キラキラ輝く水面を見つめていた。父親はゴロリと横になって一眠りした。
 父親が目を覚ました時、娘は相変わらず泉を覗き込んでいた。帰り支度をした父親が声を掛けても、娘は返事もせず、泉を見つめている。業を煮やした父親が娘の腕を引いて立たせようとしたが、不思議なことにビクともしない。まるで、根が生えてしまったかのようであった。仕方がないので、父親は一先ず一人で帰宅して、妻に娘のことを話した。夫婦で連れ立って泉に戻ると、そこに娘の姿はなかった。ただ、満々と水を湛えた泉が静かに横たわっていた。
 母親が言った。
「あの娘(こ)は楽の音が好きだった」
 そして、村里に引き返すと、楽器の扱える者を何人か集めて、再び泉へやって来た。楽の音が始まると、静かだった泉からコポコポと水が湧き出し始めた。飛沫を上げて一番いの朱い鯉が水面に跳ね上がった。鯉は楽の音に合わせて、楽しそうに泉の中を泳ぎ回った。以来、泉は舒姑泉(注:舒家の娘の泉という意味)と呼ばれるようになった。

 今でも、泉の傍で歌い踊る者があると、滾々と清水が湧き出すという。

(六朝『捜神後記』)