Make your own free website on Tripod.com

 

石仏の怪


 

 西省陽曲県の山中で不思議な声を聞く者があった。

「出ようか、出るまいか。出ようか、出るまいか…」

 この声は数日続いたが、返事をする者はいなかった。ある時、一人の農夫が通りかかってふざけて答えてみた。

「出て来いよ」

 するとたちまち山の一角が崩れて、削ったかのような一体の石仏が現れた。頭から足の先まで端然として、真に神々しいばかりである。村人が噂を聞き付けて三々五々集まって来た。
 ある者が言うには、昔、古寺があったが、廃虚となって久しく土中に埋もれていた、それがたまたま土砂崩れで外に現れたのであろう、とのこと。しかし、寺のあったことを裏付ける瓦礫の類は一切なく、全て山の土砂であった。

(清『原李耳載』)