Make your own free website on Tripod.com

 

学問続けて五百年


 

 州(しんしゅう、注:現在の湖南省)麻陽県に働き者の農民がいた。毎日、朝から晩まで田畑を耕して日々の糧を得て、それなりに幸せに生活していた。
 ある日のこと、一匹のブタがどこからともなくやって来て田んぼに入ると、植えたばかり苗を食ってしまった。農民はカンカンに怒って、
「腐れブタめ、今度また来たらぶっ殺しちゃるわい!」
 と弓矢を持って待ち伏せることにした。
 翌日、果たしてまたあのブタがやって来た。隠れている農民の目の前で、昨日と同じく田んぼに入ると悠然と苗を食い始めた。目の前でのこの狼藉に、もう農民も我慢していられず、隠れた所から飛び出すと、怒りの一発、とばかりに矢を放った。矢はみごとにブタの尻に当たった。

「プギーッ!!」

 ブタは痛さのあまり飛び上がると、脱兎(豚?)のごとく駆け出した。
「逃がさんわいっ!」
 農民もあとを追って駆け出した。ブタは林の中へ逃げ込み、農民も林の中へと追いかけた。ブタの跡を追って数里ほど走り続けると、よその村に出た。ブタは村はずれの一軒の家宅の門へ逃げ込んだ。もちろん農民も駆け込んだ。そこは結構な大邸宅であった。
「近くにこんなお邸あったべかな?」
 農民が不思議に思って辺りを見回すと、杖を手にした白髭の老人が童子を従えて奥から出てきた。
「そこな御仁、一体何故にここへいらしたのかな?」
 問われて農民が答えた。
「おたくさんとこの腐れブタ、おっとすまねぇ、あの、ブタがおらとこの苗を食っちまったで、ぶっ殺…いやいや、飼い主に一言云っちゃろと思って追っかけてきただよ」
「いやいや、相済まないことを致した。ブタの不始末は飼い主のワシの不始末。ここの所はワシに免じて穏便に穏便に…して、ここまで追いかけていらしたなら、さぞかし腹が減ったことじゃろう。奥でちと食事でもいかがかな」
 老人は童子に命じて農民を奥へと案内させた。農民が案内された大広間では、黒い紗の頭巾に鶴の羽の衣をまとった人々が、ある者は将棋を指し、ある者は酒を飲んでいた。誰もが俗人とは違う雰囲気を漂わせている。童子は農民をその中の一人の所へ案内すると、手を拱(こまね)いて(注:敬意を
示すあいさつ)、
「おじいさま、この者にお酒を一杯飲ませてやって下さいませ」
 と頼んだ。頼まれた老人は、自分の徳利から手ずから酒を注いでくれた。その酒を飲むと農民はブタを追いかけた疲れや、飢えを感じなくなった。それから、童子に付いて別の一団の所へ行った。そこでは数十枚の筵が敷かれ、それぞれ一人ずつ坐っている。本を手にして、まるで講義を聴いているようである。しばらくその様子を見てから、先ほどの老人の元へ案内された。
 老人は童子を叱って言った。
「お前は、何故門を開けてブタを外に出したのじゃ?ほんとに不注意なのじゃから。こんなことでは先が思いやられるわい…。その方を鄭重にお送りするのじゃぞ、よいな」
 童子は農民を村はずれまで送ってくれた。別れ際に農民は童子に訊ねた。
「あの、ジイ様はどなたじゃ?なんか、えらいお方のようだけんど…」
「あのご老人は河伯(注:河の神のこと)さまですよ。天帝の命で『易経』を仙人諸氏にご講義なさっておられます」
  農民は『易経』と聞いて、そりゃ豊作に役立つ物かいな、と考えながら続けた。
「お前さんはあのジイ様のお弟子さんかね?」
「はい、不肖私めも末席を汚させていだたいております。まだ、新参者でこちらに参って五百年にしかなりません。ですからいまだに門番のようなことをさせられているのですよ」
 農民が村を一歩出ると、童子は小石を一つ蹴って境界に置いた。農民が童子に礼を述べようと振り返ると、そこにはこんもりと木々が茂っているだけだった。

(唐『広異記』)