Make your own free website on Tripod.com

 

胸を張る


 

 る男、新しい裙子(スカート)を穿いて出かけた。新品ということで、人に見せびらかしたくてしょうがない。思わずいつも以上に胸を張り、肩で風を切りながらのし歩いた。そのようにしてしばらく歩いていたのだが、後ろにつき従った童子にたずねた。
「見ている人はいるか?」
「おりませぬ」
 するとホッと力を抜いて、
「誰も見ていないのなら、一休みするか」

(明『笑府』)