Make your own free website on Tripod.com

 

名犬的尾


 

 の太興二年(319)のことである。
 呉地方の華隆という人は猟を好んだ。一匹の猟犬を飼っており、的尾と名付けて常に猟に連れて行った。
 その日、隆は舟で揚子江の岸辺に葦を刈りに行った。隆は舟に従者を残して、自分は的尾を連れて岸に上がった。的尾は初めての遠出に大喜び。広い汀(みぎわ)を駆け回った。しばらくして的尾が主人のもとに戻ると、草むらでは隆の身に一大事が起きていた。
 その体には人の腿ほどの太さのある大蛇が巻きついていた。的尾は懸命に大蛇に吠えかかった。しかし、大蛇は締めつける力を緩めようとせず、かえって締めつける力を加えた。隆の顔は土気色に変わっていった。的尾は身の危険をもかえりみず、大蛇に飛びかかって、その喉を噛み切って殺した。
 しかし、隆は昏倒したままで、生死のほども定かではない。的尾は吠えながら主人の周りをグルグル回った。目を覚まさせようと、その顔を舐めたのだが、どんなに吠えても、どんなに顔を舐めても隆の意識は戻らない。そこで、的尾は舟を目指して一目散に駆けていった。
 舟に駆け戻った的尾は従者に向かって吠えかけては、また草むらに駆け戻るということを繰り返した。不審に思った従者がその後に付いて行くと、草むらに隆が昏倒していた。
 急いで舟を返して家に戻り、医者を呼んで手当てした。幸い、発見が早かったため、二日後には意識を取り戻した。
 隆が昏倒していた二日というもの、的尾は出された餌に一切、口をつけず、隆の部屋の前にじっとうずくまっていた。昏睡から覚めた隆が手ずから餌を与えると、的尾は初めて口をつけた。
以来、的尾は犬の身ではあるが、隆に家族同様に可愛がられた。

(六朝『幽明録』)