Make your own free website on Tripod.com

 

火事


 

 英(はんえい)が壺山(こざん、注:山東省にある山)に隠棲していた時のことである。
 西南から突然、大風が吹き寄せてきた。それを見た樊英は弟子に言った。
「成都で火事だぞ。炎の勢いがすごいようだ」
 そして、口に水を含むと西南に向ってプッと吹きかけた。弟子はその日時をしっかり憶えておいた。

 後に成都方面から来た人がいたので、弟子が火事のことをきいてみたところ、
「その日は確かに大火事がありましたが、東から巻き起こった黒雲が大雨を降らせてくれたおかげで、火は無事に消えました」
 とのことであった。

(六朝『捜神記』)