Make your own free website on Tripod.com

 

西洋の銅人


 

 西洋人の南懐仁(フェルビースト)の話によると、西洋から中国に入るには十万里もの道のりを要するそうである。
 西洋の船舶は非常に巨大で、港には大きな銅人が立っている。銅人の巨大なこと、身の丈が何十里あるのかわからないほどで、船舶はその股の下、または脇を往来して出航する。
 どういう理由で鋳造したのかは不明であるとのことであった。

(清『池北偶談』)