Make your own free website on Tripod.com

 

西園の女


 

 郡(注:現浙江省)の周という人が友人の陳某とともに江蘇地方を旅行し、ある名士の家に泊まった。
 季節は初秋で残暑がきびしい上に、部屋が手狭であった。そこで、二人は屋敷の西園の精舎(しょうじゃ)に移ることにした。山に面し、池に望んで非常に幽静であったので、落ち着くことができた。
 ある夜、二人は月を眺めながら西園を散策し、二更(注:夜十時)頃、精舎に戻って就寝した。しばらくすると、窓外でかすかな足音がして、まろやかな歌声が聞こえてきた。
 はじめは、主人が散歩にでも出ているのかと思ったが、声の主は女のようである。そこで、着物をはおってのぞいて見ると、女が一人、欄干にもたれかかってたたずんでいる。月明かりに照らし出されたその姿は凄艶(せいえん)そのものであった。
 思わず二人は顔を見合わせた。ここにはしばらく滞在しているが、主人の家族や使用人にこれほどの美女がいるとは聞いたことがない。しかも、美女が身にまとった衣装は何とも古風で、当世ではとうに見られなくなったものである。
「もしかして、世間で鬼魅(きみ)といわれるものではないのか?」
 陳は年若く、謎の美女にいたく心をひかれて言った。
「あれほどの美人ならたとえ鬼魅だってかまうものか」
 そして、美女に向かって声をかけた。
「麗しの君よ、こちらでお話でもしませんか」
 すると、美女はこう答えた。
「私にどうして入ることができましょう。あなたの方が出ていらっしゃったらいかが?」
 陳は周を引っぱって、扉を開いて外へ出た。しかし、そこに美女の姿はなかった。呼びかければ返事はあるのだが、姿は見えない。声は林の中から聞こえる。それをたよりに美女の姿を捜し求めた。
「どこです?」
「ここよ」
 声は上から聞こえてきた。見上げると、柳に美女の首がさかさまにぶら下がっていた。
「ここよ」
 美女の赤い唇が弓なりにそった。
「きゃああぁっ!」
 二人は叫び声をあげて駆け出した。美女の首が地面に落ち、飛び跳ねながら追って来た。二人は転がるように走った。精舎の部屋に飛び込 み、扉にかんぬきをかけた。すぐにガリガリと敷居をかじる音が聞こえてきた。
 まだ夜明けには間があったが、寝ぼけた鶏がときを告げた。すると、首は扉をかじるのをやめ、跳ねながら池まで行くと、そのまま飛び込んだ。

 二人は夜が明けると早々に元の手狭な部屋に移ったが、数十日の間、震えが止まらなかった。

(清『子不語』)