Make your own free website on Tripod.com

 

北京の拳骨


 

 る息子が北京へ出かけた。戻ってからというもの、何かと北京のことを引き合いに出す。
 ある月夜の晩、父親と一緒に歩いていると、誰かが、
「今夜の月はいいなあ」
 と言うのが聞こえた。息子、すかさず口をはさんだ。
「こんな月のどこがいいんだ。北京の月はもっといいぞ」
 それを聞くと父親は怒り出し、
「月は天下に一つっきりだ。どうして北京の月だけがいいというのだ!」
 と言うなり、息子を拳でぶん殴った。殴られて息子、泣きながら、
「へん、こんな拳骨、ちっとも痛かないや。北京の拳骨はもっとすごいんだぞ」

(清『笑得好』)