Make your own free website on Tripod.com

 

頓智(とんち)


 

 安石の息子の元沢(げんたく)は幼少より聡明であった。
 元沢がまだ五、六歳の時のことである。客がノロとシカを一つの籠に入れて元沢に見せてこう言った。
「どちらがノロでどちらがシカかわかるかい?」
 元沢はじっと見つめたが、判別はつかない。しばらく考えてから答えた。
「あのね、ノロの隣にいるのがシカなの。シカの隣にいるのがノロなんだよ」
 客は大いに感心した。

(宋『夢渓筆談』)