Make your own free website on Tripod.com

 

ふたまた


 

 の人に娘があり、両隣の家から同時に縁談を持ち込まれた。東の家の息子は不細工だが金持ち、西の家の息子は美男だが金がない。両親には決めかね、娘の意思を問うことにした。
「どちらへ嫁ぎたいかね。口では答えにくいだろうから、東の家なら着物の左肩を、西なら右肩を脱いでごらん」
 娘、両肩を脱いで言った。
「東の家でご飯を食べて、西の家で寝たいわね」

(漢『風俗通義』)