Make your own free website on Tripod.com

 

二人の母


 

 川(えいせん、注:河南省)に金持ちがいた。兄弟で同居しており、それぞれの妻は懐妊していた。
 数ヵ月後、兄嫁は流産したのだが、このことを隠していた。弟嫁が陣痛を訴えると、自分も陣痛を訴え、ともに産屋(うぶや)に入った。弟嫁が男の子を産むと、兄嫁は深夜、密かにその子を奪い、自分が産んだように見せかけた。弟嫁は自分の子供を兄嫁が奪った、と訴え出た。
 二人の係争は三年の長きにわたったが、州でも郡でも判定を下すことができなかった。そして、とうとう丞相である黄霸(こうは)の裁決を仰ぐこととなった。
 黄覇は部下に子供を抱いて来させると、二人の母から十歩あまり離れたところに立たせた。そして、こう命じた。
「子供が欲しければ、取りに行け」
 二人の母は子供を目指して飛び出し、それぞれ子供の腕を一本ずつつかんだ。兄嫁が力いっぱい腕を引くと、子供は痛がって泣き出した。弟嫁は子供の痛がる様子を見るに忍びなく、思わず手を離してしまった。そして、悲しそうな顔で子供を見つめた。兄嫁は勝ち誇って叫んだ。
「あたしの子だ」
 その時、黄覇は弟嫁に向かってやさしく言った。
「そなたの子だ」
 そして、兄嫁を厳しく訊問したところ、洗いざらい白状した。

(漢『風俗通義』)