Make your own free website on Tripod.com

 

馬か、鹿か


 

 の二世皇帝の時代の話である。宦官(かんがん)の趙高は権力を掌握し、反乱の機会をうかがっていた。そこで、群臣がどれくらい自分の意に従うか確かめようと思い、皇帝に鹿を献上した。その際、わざと、
「馬でございます」
 と言った。二世皇帝が、
「鹿ではないか」
 と言って左右に確かめると、ある者は鹿と言い、ある者は馬と答え、中には沈黙する者もあった。趙高は鹿と答えた者を憶えておき、後で些細(ささい)な罪をかぶせて殺した。
 このことがあってから、皆、趙高を恐れ憚り、誰一人逆らわなくなった。

(漢『史記』)