Make your own free website on Tripod.com

 

夜ごとの夢


 

 の尹(いん)氏はたいそうな資産家で知られていた。また、人使いの荒さでも有名であった。下僕たちは朝早くから夜遅くまで休むことなく働かされた。老人といえども容赦はしない。ある老僕などは毎日ヘトヘトになるまでこき使われた。皆は老僕にいたく同情したのだが、実は彼には大きな楽しみがあった。それは毎晩見る夢であった。
 老僕が重労働で疲れた体を粗末な寝床に横たえると、すぐに深い眠りにおちる。やがて、いつもの夢を見る。現実の世界では一介の下僕に過ぎない彼であるが、夢の中では一国の王となる。万民の上に君臨し、国事を裁量する。豪奢(ごうしゃ)な宮殿に住み、山海の珍味を食べ、何でも思いのままである。その楽しさはそこいらの金持ちでは味わえないほどであった。
 朝が来て目覚めれば、粗末な寝床の中に戻っており、人に酷使される一日が始まる。しかし、彼は幸福であった。
 同情の言葉をかけてきた人に対して、彼はこう答えた。
「人生は長くて百年、半分が昼で半分が夜です。昼間のワシは人にこき使われ、確かに辛いことは辛い。けれど、夜になれば国王となって楽しんでおります。どうして辛いことがありましょう」

 主人の尹氏はといえば、昼は家業に神経をすり減らし、夜は人の下僕となってこき使われる悪夢に苦しめられた。心の休まるひまもなく、とうとう 病の床につく身となった。見舞いに来た友人が言った。
「資産にも恵まれ、万事順調、誰も君の成功に及ぶ者はいないよ。それが夜ごと下僕になる悪夢に苦しめられるということは、心配事を抱え込みすぎなんだな。どうすればいいかは、自分でももわかってるはずだよ」
 尹氏は友人の言葉で悟った。そこで、下僕の待遇を改善し、気を楽に持つようにしたところ、病はすぐに癒えてしまった。

(戦国『列子』)