Make your own free website on Tripod.com

 

鎖骨菩薩


 

 州(注:現陝西省)に一人の女がいた。年の頃は二十四、五、色白く、非常に艶麗であった。一人で街をうろついては、若者達と戯(たわむ)れた。誰にでも肌を許し、拒むことがなかった。
 数年後、女が亡くなると、人々は嘆き悲しみ、金を出し合って葬儀を執り行った。女には家族がいなかったので、道の傍らに葬った。

 大暦(766〜779)年間、胡人の僧侶が西域から延州にやって来た。僧侶は女の墓を見つけると、その前に跌坐(ふざ)し、香を焚いて恭しく拝礼した。そのまま数日間、念仏を唱え続けた。
 人々は僧侶にたずねた。
「ここに葬られているのは淫奔(いんぽん)きわまりない女ですよ。生前、誰とでも関係を持っておりました。引き取る家族もいないので、ここに葬りました。和尚様はどうしてこんな女を拝むのですか?」
 すると僧侶はこう答えた。
「施主(せしゅ)どのはご存知ないようだが、かの女は大聖なのだ。慈悲の心で施しを行い、世俗の望むところをあまねくかなえてくれた。これこそ鎖骨菩薩(さこつぼさつ)といい、俗世の縁をすべて尽くしたので聖者となったのだ。信じられないのならば、柩(ひつぎ)を開いてみればよい」
 人々が柩を掘り起こして開いてみると、女はすでに骨となっていた。不思議なことに骨はすべて繋がり、まるで鎖のようであった。僧侶の言ったことは本当であった。
 この奇跡に人々は感じ入り、大規模な法要を行った。そして、墓の上に塔を立てて女の記念としたのである。

(唐『続玄怪録』)