Make your own free website on Tripod.com

 

『三国志』をきく


 

 人から聞いた話である。
 下町の子供はすこぶる腕白で、親でさえ手を焼くことがしばしばである。そういう時には、子供に小遣いを持たせて昔話を聞きに行かせる。子供たちのお気に入りは三国時代の物語である。劉備玄徳が負けたと聞くと、眉をしかめ、中には涙を流す者さえある。曹操が負けたと聞くと、痛快がってはやし立てる。

 善人と悪人の影響は、百世経っても変わらず続いているということであろう。

(宋『東坡志林』)