Make your own free website on Tripod.com

 

厳猛の妻


 

 稽(かいけい、現浙江省)に厳猛という人がいた。彼の妻は山へ薪を取りに入って、虎に食われた。
 一年後、厳猛が藪の中を歩いていると、突然、死んだ妻が現れた。
「あなたは今日、災難に遭います。私が何とか助けてあげましょう」
 妻と連れ立って歩き始めたところへ、一頭の虎が躍り出た。虎が厳猛に襲いかかろうとしたその時、妻が腕を上げ、指を虎に突きつけた。不思議なことに、虎はピタリとその動きを止めた。
 そこへ一人の胡人が戟(ほこ)担いで通りかかった。妻は、今度はその胡人を指さした。その途端、虎は胡人に飛びかかった。

 厳猛は妻のおかげで命拾いをした。

(六朝『異苑』)