Make your own free website on Tripod.com

 

李 八 百


 

 八百は蜀(現四川省)の人である。もちろんこれは本名ではない。いつの世でもその姿が見られたので、人々はその年齢を数えて八百歳とした。それで八百と呼ぶようになった。
 八百は普段、山林に隠れていたが、時折、街へ下りてきた。
 ある時、漢中(現陝西省)の唐公ム(とうこうぼう)が道術を志しながら良い師に巡り会え ないでいるのを知ると、自ら出向いて教授してやろうと思った。まずは素質があるかどうか試すために、公ムの家に下男として住み込んだ。公 ムはそれが八百だとはまったく気づかなかったが、他の下男に比べてよく気が利き、よく働くので、何かと目をかけてやった。
「ううっ!」
 ある日突然、八百は地面にぶっ倒れて苦しみ出した。公ムが慌てて駆けつけてみると、今にも死にそうな苦しみようである。公ムはすぐに医者を呼び、薬を調(ととの)え、何十万もの治療費を惜しむことなく投げ出した。しかし、八百の病は一向によくならなかった。それもそのはず、これは八百が公ムを試すための芝居であった。
 次に八百は体中に悪性の腫れ物を作った。八百が痛がってのたうちまわるたびに腫れ物がつぶれ、膿が流れ出して悪臭を放った。
 公ムは八百を気の毒がって涙を流した。
「お前は我が家の下男になって数年になるが、とてもよく働いてくれた。それがこんな悪疾(あくしつ)にかかってしまうなんて。医者や薬、考えつく限りの手段を試してみた。一体どうしたらよくなるのだろう」
 八百は言った。
「私のこの腫れ物はそう簡単に治るものではありません。ただ、人に舐めてもらえば少しはよくなるのですが……」
 公ムは早速、下女を三人呼んで、八百の腫れ物を舐めさせた。八百が言った。
「下女に舐めてもらってもよくならないようです。旦那様に舐めていただいたら、よくなるかもしれません」
「そうか、そうか、ならば私が舐めてやろう」
 公ムは臭いのも汚いのもいとわず、八百の腫れ物を舐めた。八百はまた言った。
「折角舐めていただいたのに、少しもよくなりません。奥方様に舐めていただいたら、きっとよくなるでしょう」
 公ムはすぐに妻を呼んで八百の腫れ物を舐めさせた。八百は今度はこう言った。
「今度は治りそうです。旦那様、お願いがございます。美酒を三十石用意していただけませんか。それで体を洗えば、すっかり治ります」
 公ムが美酒三十石を大きなたらいに用意させると、八百はその中で体を洗った。すると、腫れ物はすっかり治り、体中白くスベスベになった。
 八百は言った。
「私は仙人です。あなたが道術を志していることを知り、試してみました。あなたには十分な素質がおありです。俗界と訣別(けつべつ)する秘法をお授けしましょう」
 公ムとその妻及び三人の下女に、先ほど自分が体を洗った酒で体を洗わせたところ、たちまち若返って顔色が美しくなった。八百は公ムに『丹経』一巻を与えて姿を消した。

 その後、公ムは雲台山(現四川省)に入って神丹を練った。神丹が練り上がると、それを飲んで仙人になった。

(六朝『神仙伝』)