Make your own free website on Tripod.com

 

太 子


 

 の国君が鄭昭(ていしょう)にたずねた。
「太子はどうしておるか?」
 鄭昭、答えて言う。
「太子はまだ生まれておいでになりません」
「太子はとっくに立てているに、どうして生まれていないなどと言う?」
「太子をお立てにはなっておられますが、我が君はことのほか女色をお好みになられます。ご寵愛の姫妾にお子でも生まれれば、きっとお慈しみになられましょう。お慈しみになられれば、太子にお立てになりたくなるに決まっております。ですから、私はあえて太子はまだ生まれておいでにならない、と申し上げたのです」

(戦国『韓非子』)