Make your own free website on Tripod.com

 

本が低い


 

 る読書人が僧房を借りて勉強していた。しかし、いつも遊び歩いてばかりいて、勉強する姿を見たことがなかった。

 ある昼下がりのことである。読書人は外出から帰ってくると、童子に本を持って来るよう命じた。童子が、

「『文選(もんぜん)』でどうでしょう?」

 とたずねると、

「低すぎる」

 と言う。次に、

「『漢書』では?」

 とたずねると、

「まだまだ低い」

 と言う。今度は、

「『史記』にしましょうか?」

 とたずねると、やはり、

「だめだ、低すぎる」

 と言う。

 このやりとりを聞いていた和尚、

「この三種類の本はどれか一つでも精通していれば立派に学者と称されるもの。それを低いと切り捨てるなんて、たいした学者かもしれんぞ」

 と驚いた。なおも耳をそばだてていると、読書人が童子にこう命ずるのが聞こえた。

「早くしろ、こっちは眠いんだ。枕にするだけなんだから、適当に持って来い」

(清『笑林広記』)