Make your own free website on Tripod.com

 

奇妙な訴訟


 

 傑が河南尹(かなんいん)であった時、母親が実の息子を不孝の罪で訴えるという奇妙な事件が起こった。息子に事情を問うと、泣くばかりで何の申し開きもしない。ただ、

「母に対して罪を犯したのですから、死罪になって当然です」

 と言うのであった。その様子を見る限り、とても不孝の罪を犯すようには思えない。母親に、

「実の息子が死罪になってもかまわないのか?」

 とたずねれば、

「こんな親不孝息子、早く死刑にして下さい」

 と、こともなげに答える。そこで、李傑は母親に向かってこう言った。

「しからば、柩(ひつぎ)を買って息子の屍を引き取りに来るがよい」

 母親の顔にパッと喜びの色が浮かんだので、李傑はますますいぶかしく思った。そこで、部下に命じてその後をつけさせた。母親は役所を出ると、外で待っていた道士にこう言った。

「うまくいったよ」

 部下はすぐに戻って、李傑にこのことを報告した。やがて、母親が柩を買って戻って来た。李傑は、

「本当に死罪にしてよいのか? 考え直すなら今のうちだぞ」

 と、考えを改めるよう勧めたが、母親は死刑にしてくれ、の一点張りであった。そこへ道士が引き立てられてきた。李傑が道士を厳しく問い詰めると、

「実は私はそこにいる女と不義の関係を結んでおります。いつも息子に邪魔をされるので、いっそのこと殺してしまおうと訴えたのです」

 と、洗いざらい白状した。李傑は母親と道士を打ち殺させた。そして、買って来た柩に母親の遺骸を納めて、息子に下げ渡した。

(唐『隋唐嘉話』)