Make your own free website on Tripod.com

 

心 中


 

 る男、妓女とねんごろになったが、身請けすることができない。そこで、せめてこの世で結ばれないのなら、あの世で一緒になろう、と心中することにした。

 二つの盃に毒酒を盛り、いざ飲み干そうという時、妓女が言った。

「主(ぬし)さん、お先にどうぞ」

 男は一気に飲み干すと、

「さあ、お前も」

 と促した。すると、妓女、盃を男の方に押しやって、

「わちきは不調法でありんす。わちきの分も、主さん、飲んでおくれやす」

(明『精選雅笑』)