Make your own free website on Tripod.com

 

 

定命・予言

童謡 「お城の門に血が付けば、お城は沈んで湖の底……」この童謡の意味は……。 六朝『神異伝』
流星 星が流れて水がめに落ち、「おめでたい験だわ」と女達……。 六朝『捜神後記』
「これはお前の命だよ」そう言って老人は巾着を渡した……。 六朝『異苑』
的中 「建物でなければ宿るな、食事時でなければ沐浴(もくよく)するな」占い師はこう言った……。 六朝『異苑』
遺言 夫が臨終の床で言い残した言葉に……。 六朝『録異伝』
人柱

何度築いても崩れてしまう城壁。ある時、少女が突然言い出したのは……。

唐『広古今五行記』
巻物

占い師は死ぬまでに就く官位を記した巻物を二巻くれた。一巻目が終わった時、病にかかり……。 唐『定命録』

地下の予言 住むものが死ぬという奇怪な家にはなかなか買い手がつかず……。 唐『集異記』
「あんたは鱠を食えないよ」そう予言された男。結果やいかに? 唐『逸史』
一生分の羊 李徳裕が若い頃、夢でたくさんの羊を見た……。 唐『宣室志』
禍福 長生きすることは本当に幸せなことなのだろうか……。 宋『茅亭客話』
剛直 「廟を立てよ」神人の要求を退けた剛直な男……。 宋『捜神秘覧』
一輪の花 燈篭見物の人ごみの中、一輪の花が頭巾の上に落ち……。 宋『夷堅志』
好色の罰 試験へ赴く青年。船頭の器量よしの娘が気になって気になって……。 宋『睽車志』
天の裂け目 ある日の午後、突然天が裂けた。その裂け目から……。 宋『癸辛雑識』
頭の交換 出世するには頭と体の組み合わせがよくないと言われて……。 元『湖海新聞夷堅続志』
飛雲渡 早死にすると予言された少年。どうせ短い命なら、と無頼に暮らしていたが……。 元『南村輟耕録』
海嘯異聞

銭塘江の逆流の二日前、沿岸の住民の耳に不思議な声が……。

明『西湖遊覧志餘』
沈香の木片を拾った武将。その夜から不思議な夢を見るようになり……。 清『北游録』
咳止めの薬 人相見に医者になればよいと言われたが、医術の心得はとんとなく……。 清『聊斎志異』
地震 北京を大地震が襲った前日のこと……。 清『夜譚随録』

子英の鯉 子英は、ある日、一匹の赤い鯉を捕まえ……。 六朝『任ム述異記』
龍女の宴 湖のほとりで美女達の宴に招かれた書生は……。 唐『博異志』
緋鯉 老女が見つけた緋鯉は凛々しい面構えで……。 唐『瀟湘録』
 

戻る