Make your own free website on Tripod.com

 

 

奇宝・物異

返生香 月氏国の献上した返生香。これには不思議な効能が…。 漢『海内十洲記』
咸陽宮の秘宝 漢の高祖劉邦が咸陽宮で見つけた始皇帝の秘宝…。 漢『西京雑記』
報仇剣 (1)〜(3) 刀鍛冶は大王のために類まれな名剣を鍛えたが…。 六朝『捜神記』
金剛石 バラモン僧が「仏の歯」と称して見せたものは…。 唐『隋唐嘉話』
太湖の鏡 太湖で網を打ったところ、小さな鏡がかかっていた…。 唐『原化記』
曹操の船

河口に沈む大船。土地の長老によれば、これは曹操の船なのだという…。

唐『広古今五行記』
宝鏡“飛精” 識者によると、この宝鏡は非常に古いものだというが…。 唐『龍城録』
玉馬 夜更けに厩(うまや)の馬達が突然、怯えて騒ぎ出した…。 唐『宣室志』
消麺虫 食えば食うほど痩せていく麺好きの男。ある日、一群の胡人の訪問を受け…。 唐『宣室志』
扶風の石 扶風にやって来た波斯(ペルシア)の胡人が目をつけたものは…。 唐『広異記』
楊貴妃の足袋 馬嵬で死んだ楊貴妃。そこで一足の足袋が見つかり…。 唐『唐国史補』
屏風 屏風の前で眠っていると女たちの笑いさざめく声が聞こえ…。 唐『酉陽雑俎』
黒松使者 ある日、玄宗は墨の上に動き回る物を見つけた。よく見てみると…。 五代『雲仙散録』
座像 廬山の落星潭で釣り人が釣り上げたものは何と一体の座像だった。 五代『玉堂閑話』
銀人 孝義厚く、客人を歓待することで知られる家を若い女の主従が訪れ…。 五代『玉堂閑話』
亀宝 汀で琉璃の瓶を見つけた。中には一寸ほどの小さな亀がおり…。 五代『金華子』
白石 谷川での中を転がり回る石を持ち帰った晩、夢を見た…。 宋『稽神録』
青磁の碗 住職が汀で拾った青磁の碗には不思議な力が…。 宋『秘閣閑談』
玉の髑髏 村の富豪の持参した玉の髑髏を見るなり太守は唸った…。 宋『黙記』
普照塔 船で揚子江を渡っている時、突然、十三層の巨大な塔が出現した…。 宋『老学庵筆記』
海井

小さな雑貨屋に並んだ不思議な品。見た目は小さな桶のようだが…。

宋『癸辛雑識』
回々 朝貢で中国を訪れた回々が「泉を買いたい」と言い出して…。 明『治世餘聞』
波斯人 古い墓を買い取りたいという波斯(ペルシャ)人…。 清『聊斎志異』
画馬発財 毎朝、濡れた草の中に一頭の馬が寝ていた…。 清『聊斎志異』
承天寺 泉州の承天寺には不思議な遺跡が数多く残されている…。 清『帰田瑣記』
 

戻る