Make your own free website on Tripod.com

 

 

魂魄・再生

紫玉 最愛の人の墓前で泣く男の前に、亡き人が姿を現し……。 六朝『捜神記』
息子の魂 両親が夜なべをしていると、遠方に遊学している息子が突然、現われて……。 六朝『捜神後記』
帰ってきた夫 突然、戻ってきた夫。妻の傍らに坐って悲しげにため息をつくのであった……。 六朝『捜神後記』
いつの世も母の情愛は海より深い……。 六朝『幽明録』
恋しくて 評判の美男子に恋した娘。しかし、男には嫉妬深い妻がいて……。 六朝『幽明録』
足を取り替える話 手違いで死んだ男。生き返ることになったのだが、足が痛くて痛くて……。 六朝『幽明録』
唐太宗入冥 健康状態極めて良好な太宗が突然崩御して……。 唐『朝野僉載』
前世 「ここだ、ここだ」視察に出かけた魏州刺史が突然こう言い出した……。 唐『冥雑録』
臨終に際し、嫁は姑に告げた。「私、死んだらお義母様の夢枕に立ちますわ」。 唐『宣室志』
孫緬の奴隷 六歳になるまで口の利けなかった奴隷が自分の前世の話を……。 唐『広異記』
「昔のことを話したい」と初対面の美しい娘に言われ……。 唐『広異記』
占い 「私の寿命を占っていただきたい」 男の依頼はありふれていたが……。 唐『広異記』
離魂 (1)〜(2) 幼なじみで慕い合う二人。しかし、娘の父は別の男を婿に選び……。 唐『離魂記』
  (1)〜(3) 「澄み切った水に体を浸したら気持ちがいいだろうな」そう思った男は……。 唐『続玄怪録』
呉生 熱病で死んだ男。納棺をすませると、門から幽鬼が入ってきた……。 宋『稽神録』
娘の魂 懐妊中に強い薬を処方された夫人は不思議な夢を見た……。 宋『邵氏聞見録』
花月の神 美貌で知られた夫人の臨終に際してにおびただしい数の蝶が現れ……。 宋『春渚紀聞』
豚異聞 突然、豚が人語を発した。借りがあるという……。 元『山居新語』
蒋煥 妻を亡くした男が実家に戻るべく舟に乗り込むと、そこには……。 明『庚巳編』
亡き息子 一粒種の息子を亡くした年老いた夫婦の歎きは深く……。 明『庚巳編』
目を借りる話 夫の罪に連座して流刑に処せられた妻。ある晩、夢に刑死した夫が現れ……。 明『帝京景物略』
緑衣の人 (1)〜(2) 「前世の因縁なのですから」そう、女は言った……。 明『剪燈新話』
「お耳がかゆいみたいですわね」 昼寝をしていると亡くなった妻が現れ……。 清『原李耳載』
耳中人 修行に励む男、ある日、耳の奥でささやきかける声が聞こえ……。 清『聊斎志異』
まぶたの妻

今わの際に娘は言った。「きっとあなたにご恩返しをいたしましょう……」。

清『閲微草堂筆記』
堕胎薬 ある生真面目な医者が堕胎薬を売ることを断わったところ、不思議な夢を見た……。 清『閲微草堂筆記』
鼻中人 ある日、昼寝をしていると、鼻の穴から小人が二人現われ……。 清『履園叢話』
 

戻る