Make your own free website on Tripod.com

 

 

奇 案
二人の母 自分の子だと主張する二人の母に下した裁決は……。 漢『風俗通義』
明礬 呪術師の見せた紙には何とも恐ろしい絵が……。 唐『弁疑志』
明察 女の部屋に忍んでいった男、ヌルヌルするものに足を取られて……。 五代『玉堂閑話』
老父の隠し子 金持ちの老人、出来心で下女に手をつけたところ身ごもり……。 宋『斉東野語』
紅い猫 蒸し肉売りの老人がひたすら隠す飼い猫とは……。 宋『夷堅志』
真珠姫 (1)〜(2) 元宵節の夜に忽然と姿を消した宮家の美しい姫君……。 宋『夷堅志』
帰って来た娘 美男子の茶店の奉公人に恋をした金持ちの娘が……。 宋『夷堅志』
猫失踪事件 秦檜には幼い孫娘の飼い猫が消えた。捜索の厳命が下された……。 宋『老学庵筆記』
子宝寺の秘密 子宝を必ず授けるといわれる寺、実は……。 宋『行都紀事』
月の御殿

「酒をおごってくれれば、今夜、月の御殿に連れて行ってあげますよ」道人はそう言って……。

元『湖海新聞夷堅続志』
二人の孝子

二人の若者にはまたたく間に孝子という評判が立ち……。

元『湖海新聞夷堅続志』
厨娘

新たに雇い入れた美しい厨娘。しかし、実は……。

元『湖海新聞夷堅続志』
髑髏神

農村で男の子が消えた。八方手を尽くして行方を探したのだが……。

元『湖海新聞夷堅続志』
義人 校尉の若く美しい妻は平凡な結婚生活に不満を抱き……。 明『菽園雑記』
尼寺の秘密 受験のため上京してきた若者が、宿舎から出かけたまま戻らず……。 明『菽園雑記』
偸瓜案 瓜畑の持ち主、不仲な相手が瓜を盗んだと訴え出たが……。 明『燕山叢録』
男、女に変ず 胸の病にかかった男を親友が面倒を見ることに……。 明『賢博編』
霊隠寺の僧侶

雑貨店の女房に惚れた僧侶。女房の方もそれに気付いて……。

明『西湖遊覧志餘』
うわさ 朝廷が天下に美女を求め、十三歳以上の娘に結婚を禁じるといううわさが流れ……。 明『戒庵老人漫筆』
狐憑き 婚約者を忘れさせるため、娘に偽りの手紙を見せたために悲劇が……。 清『北游録』
人狗 長沙の市場に一匹の狗が現れた。その狗は人語を話すことができ……。 清『子不語』
冬の夜の出来事 冬のある夜、兄が外泊することになり、家には弟と兄嫁が残され……。 清『子不語』
血液鑑定

実の叔父が甥を「赤の他人だ」と訴えた。知事が採用した鑑定法は……。

清『閲微草堂筆記』
初夜の謎

どこから見ても幸せそうな新郎新婦、翌朝になって……。

清『閲微草堂筆記』
茉莉花の根

嫁入りを前にして頓死した娘の姿を他県で見かけて……。

清『閲微草堂筆記』
取り違え 同じ日の同じ時刻に嫁入りする家が二軒あり、二つの花嫁の轎が鉢合わせをし……。 清『巣林筆談』
偽皇孫事件 南へ巡幸する乾隆帝の前に、皇孫と名乗る童子が現われ……。 清『嘯亭雑録』
泥観音 中年になっても子宝に恵まれなかい男、極力安い妾を探そうと……。 清『庸庵筆記』
災 禍
大爆発 火薬の爆発の威力は大変なもので……。 宋『癸辛雑識』
米豚と糠豚 大飢饉に見舞われた臨安で奇妙な肉が出回り……。 元『湖海新聞夷堅続志』
ドンッ! 点火したのに沈黙したままの大砲をのぞきこんだ途端……。 清『夜譚随録』
雪災

大雪に見舞われた江蘇・浙江地帯。雪に閉ざされた人々は……。

『清朝野史大観』
奇 習
邪教 湖南では人を生け贄にささげる邪教が盛んである。生け贄にも等級があって……。 宋『遁斎閑覧』
金蘭会 広東・広西の奇妙な風習、それは娘達が姉妹の契りを結ぶもので……。 清『坦園日記』
 

戻る