Make your own free website on Tripod.com

 

 

豪 侠
蛇退治 禍をなす大蛇を鎮めるために人身御供の少女を差し出していたが…。 六朝『捜神記』
壁龍 太宗は、皇后の兄、長孫無忌の鞍一揃いを盗み出すよう命じ…。 唐『朝野僉載』
侠僧 不思議な僧の頼みは自分の子を始末してくれというものだった…。 唐『酉陽雜俎』
非情 夜中にふと目を覚ますと、隣で寝ているはずの女の姿がなかった…。 唐『原化記』
荊十三娘 権力者に恋人を奪われた男。侠女は憤激して…。 宋『北夢瑣言』
聰明非凡 中興の名将韓世忠と後にその夫人となった梁紅玉の馴れ初めは…。 宋『鶴林玉露』
非凡な死 非凡な人間はその最期も非凡なもので…。 宋『獨醒雜誌』
義兄弟 悪少年達が義兄弟の契りを結んだ。その契りの深さは…。 明『菽園雜記』
武芸者達 武芸を披露する年若い尼僧の呼びかけに、男は腕がムズムズして…。 清『聊斎志異』
すごいヤツ バトゥル(英雄)の異名を持つ阿里瑪。どのくらいすごいかというと…。 清『嘯亭雜録』
古傷 屍をかついだところ、まだかすかに息が通っていた…。 清『嘯亭雜録』
にんにくを担いだ爺さん 力自慢の若旦那、見知らぬ爺さんに「まだまだ」と言われ…。

清『子不語』

逸 聞
潔癖症 詩聖といわれた王維の意外な一面とは…。 唐『雲仙散録』
往生 若年にして富貴、風流を好む男には嫉妬深い妻が…。 五代『王氏聞見録』
思索を練る場所 思索を寝るのに適した場所、それは…。 宋『帰田録』
おまる殿下 仁宗の皇叔燕王には奇癖があった。それは…。 宋『帰田録』
秘密の園 輿の中から艶麗な美女がニッコリ微笑んだ…。 宋『投轄録』
蝦蟇 さる大宦官の邸に忍び込んだ盗人が見たものは…。 宋『老學庵筆記』
賈似道の虐 美少年をほめた姫妾に、賈似道は「結婚させてやろう」と言い…。 元『銭塘遺事』
洋行異聞 外国へ派遣された美貌の官吏。思わぬ誤解を受け…。 清『清朝野史大観』
奇 案
明礬 呪術師の見せた紙には何とも恐ろしい絵が…。 唐『辨疑志』
明察 女の部屋に忍んでいった男、ヌルヌルするものに足を取られて…。 五代『玉堂閑話』
老父の隠し子 金持ちの老人、出来心で下女に手をつけたところ身ごもり…。 宋『齊東野語』
猫失踪事件 秦檜には幼い孫娘の飼い猫が消えた。捜索の厳命が下された…。 宋『老學庵筆記』
厨娘

新たに雇い入れた美しい厨娘。しかし、実は…。

元『湖海新聞夷堅續志』
髑髏神

農村で男の子が消えた。八方手を尽くして行方を探したのだが…。

元『湖海新聞夷堅續志』
義人

校尉の若く美しい妻は平凡な結婚生活に不満を抱き…。

明『菽園雜記』
霊隠寺の僧侶

雑貨店の女房に惚れた僧侶。女房の方もそれに気付いて…。

明『西湖遊覧志餘』
狐憑き 婚約者を忘れさせるため、娘に偽りの手紙を見せたために悲劇が…。 清『北游録』
人狗 長沙の市場に一匹の狗が現れた。その狗は人語を話すことができ…。 清『子不語』
血液鑑定

実の叔父が甥を「赤の他人だ」と訴えた。知事が採用した鑑定法は…。

清『閲微草堂筆記』
茉莉花の根

嫁入りを前にして頓死した娘の姿を他県で見かけて…。

清『閲微草堂筆記』
大騙り 金陵(南京)に現れた“殿下”。その正体は…。 清『蟲鳴漫録』
災 禍
大爆発 火薬の爆発の威力は大変なもので…。 宋『癸辛雜識』
ドンッ! 点火したのに沈黙したままの大砲をのぞきこんだ途端…。 清『夜譚随録』
雪災

大雪に見舞われた江蘇・浙江地帯。雪に閉ざされた人々は…。

清『清朝野史大観』
奇 習
金蘭会 広東・広西の奇妙な風習、それは娘達が姉妹の契りを結ぶもので…。 清『坦園日記』
雜 記
くしゃみ 虎がよく出没する山中で寝入ってしまった男。そこへ虎が現れて…。 唐『朝野僉載』
鍾離君 下女は手を止めてハラハラと涙を落とした。不審に思った県令は…。 宋『東軒筆録』
狗の畏れること 狗が畏れること、それは…。 宋『癸辛雜識續集』
木に縁って魚を求む 「木に縁って魚を求む」とはありえないことを意味する…。 明『雙槐歳鈔』
袁公 貧乏な学生に勉強を続けさせるため、金持ちの家に縁談を持ち込むと…。 明『原耳李載』
壮絶孝子 旅先で耳にした孝子の話はあまりにも凄まじかった。 清『巾箱説』
華山の道士 神仙のごとき容貌の老道士はことのほか国初の事柄に通じていた…。 清『嘯亭雜録』